1. ホーム
  2. ≫男性よりも女性の方がタバコに依存しやすいって本当?

男性よりも女性の方がタバコに依存しやすいって本当?

嫌われないために近年の禁煙ブームやたばこの増税で、喫煙者の肩身はますます狭くなってきました。

分煙で分けられていた飲食店やオフィスは今では完全禁煙になり、公園や駅前、店舗前からも続々と灰皿が撤去されていますし、たばこの有害性や健康被害についての警告表示も目立つようになってきました。

それなのに今もまだ、たばこへ依存する女性が多くいるそうです。

厚生労働省の喫煙者データ引用:全国喫煙者率調査

2017年JT全国喫煙者率調査を見ると、日本の成人男性の喫煙率は年々減少傾向にあります。

それに対して、女性の喫煙率はピーク時(昭和41年)からほぼ横ばい状態が続いています。

女性の社会進出や出産・育児・家事など何かとストレスを受ける場面が多い女性は、男性よりもたばこへの依存が高く、禁煙もしづらくなっているようです。

そこで今回は「たばこと依存性、女性が依存する5つの理由について」お話しをしましょう。

たばこと依存性について

興味本位など軽い気持ちで初めたたばこが、いつの間にか当たり前になっていた。禁煙をしても長く続かない。など、たばこは一度クセになってしまうと、なかなか辞められないものです。

「禁煙出来ないのは本人の意思が弱いからだ!」そう言われてしまう事もありますが、たばこを辞められない理由はそれだけではありません。

たばこにはニコチンによる身体的依存と、習慣による心理的依存の2つがあるとされています。

身体的依存(ニコチン依存)

女性の方がたばこを辞めにくいしばらく喫煙をしないでいると脳内で「ニコチン切れ」が起こってイライラと落ち着きがなく、喫煙欲求が高まるなどの離脱症状(禁断症状)が現れてきます。

ニコチン依存はアルコールや違法薬物(麻薬、覚せい剤)などと比べると、とても弱いものです。

そのため「禁煙なんてやろうと思えば出来るから!」という感覚になってしまうのかもしれません。

ところが実際は、喫煙者の約70%はニコチン依存に陥り、禁煙が困難な状態になっていると言われています。

心理的依存(習慣依存)

たばこに含まれる有害物質1日の中でたばこを吸いたくなるタイミングってありますよね?

寝起きや食後、休憩時間やトイレのついで、飲み会の席など、普段の生活の中でいつも同じ時間や状況でたばこを吸う癖があったり、たばこを吸いそびれた事に、イライラして喫煙欲求が強まったりする場合は、習慣依存に陥っている可能性があります。

「これが最後の1本」と思ってもなかなかキリがつけられないのは、「たばこを吸う習慣」のせいかもしれません。

女性がたばこに依存する5つの理由とは?

さて、たばこを吸い始めたきっかけは何だったでしょう?ストレス、興味本位、ファッションなど様々な理由があると思います。

①家庭や職場でのストレス

家庭でのストレスで喫煙してしまう毎日休みなく続く家事や育児は女性にとってはとてもストレスが溜まるものです。

さらに最近は女性の社会進出が積極的になってきた事で、結婚や出産後も仕事を続ける女性が増えています。

家事や育児、家庭と仕事の両立などといったストレスからから逃れるためにたばこに手が出てしまう方は多いようです。

育メンブームで育児に参加する男性が増えてきたり、退職せずに女性も仕事を続けられる環境が整うようになってきた今でも、まだまだ「家の事は女性の仕事だ」と思われがちな事も関係がありそうですね。

②何かに失敗した

何かに失敗した時に喫煙する酷くショックで、心が落ち込んだ時などに感じる絶望感からたばこに手を出してしまうケースがあります。

女性の場合、失恋はとても大きなダメージを受けます。

たばこを吸って、ただ気分を紛らわしたかった、ヤケを起こして買ってみただけ、というところでしょうか?

ですが、たばこを吸ったら「気持ちが楽になった」、「ホッとした」いう感覚はたばこへの心理的依存を生む事に繋がるため、そのままたばこを辞められなくなってしまうのです。

③付き合い

付き合いで喫煙する職場や友達に喫煙者が多い場合などは、「みんなが吸っているから」を理由に自分もたばこを吸い始めて、仲間に入ろうとするのは、周りに流されやすいタイプの日本人に多いかもしれません。

特に女性は、本能的に集団行動を好むと言います。

また、女性の社会進出が進んだことで、職場での「お付き合い」も増えてきます。

なかなか打ち合わせの時間を取ってもらえない上司とも、喫煙所でならいくらでも話が出来たりするものです。

こういったコミュニケーションツールの1つとしてたばこを利用する女性も案外多いようです。

④日常にたばこがある

吸いごたえのある電子タバコか?家族や身内、親しい友人や彼氏などが喫煙者の場合、喫煙環境が普通になっている事があります。

たばこがある生活に慣れ過ぎてしまい、いつの間にか自分もたばこを吸うようになりやすく、たばこへの依存も高くなっていきます。

特に両親に喫煙者がいると、その子どもは早くからたばこを吸い始める傾向があるようです。

⑤ファッション

ドラマに影響されて喫煙する昔は映画やCM、ドラマの中で素敵な俳優さんがタバコを吸うシーンがたくさんありました。

その姿にあこがれて、自分もたばこを吸うようになったと、たばこを吸う事が恰好いいと思っていたなども喫煙をする女性に多い理由です。

でも、それは俳優さんや演出が恰好よく素敵なのであって、たばこ自体はちっとも素敵なものではありません。

たばこの悪影響で肌はボロボロ、歯は汚く、口臭は臭く、鼻から煙を出す姿は悲しい物です。

禁煙しない(できない)理由?

ストレス発散を理由に喫煙する長い間、喫煙を続けている方の中には「たばこを吸うとストレス発散なるから」とか「我慢はストレスが溜まるから」などを禁煙しない(できない)理由にする方がいます。

ところが、それは大きな間違いです。

現在、色々な研究結果から、たばこを吸う事はストレス解消にならない事が明らかになっています。

たばこでストレスが解消できていると感じていたのは、実は単にニコチン切れによるイライラや喫煙要求や不安といった離脱症状によるストレスを和らげているだけだったのです。
→タバコを吸ってもストレスは解消できません!(タバコ ストレス 解消)

たばこ以外のストレス解消法を見つけましょう!

たばこ以外のストレス発散を考える現代社会はストレス社会と言われるように、私たちは毎日様々なストレスと戦いながら生活をしています。

女性が男性よりもたばこへ依存してしまいやすい理由は、ストレスの影響が大きいと言われています。

気分転換やストレス発散に、ついたばこに手を伸ばしてしまう…。

その気持ちは元喫煙者として、とてもよくわかります。

でも、それによってたばこ依存に深く陥ってしまう事も、私はよく知っています。

まずは気分転換の方法を変えてみませんか?口さみしいなら飴やガム、適度な運動や趣味を持って、気分を少し変えてみませんか?女性にはリラクゼーションやアロマなどもおすすめです。

でも、結局たばこを手に取ってしまう…。

そんな時は、電子タバコを試すのも良さそうです。

電子タバコは、リキッドから水蒸気を発生させて、好みのフレーバー(香り)を楽しむもので、ニコチンやタールなど有害物質を含まず、健康的で嫌な臭いや副流煙の心配もないため、禁煙グッズとしても注目されています。

見た目もおしゃれなデザインが多い電子タバコは、ストレス発散の為に喫煙をする女性のための、新しいリラックスアイテムになってくれそうですね。

→※ニコチンなし※女性におすすめのかわいい電子タバコ5選!

シェアして頂けると嬉しいです!