1. ホーム
  2. ≫電子タバコの種類と選び方|禁煙するならどのタイプの電子タバコがいい?

電子タバコの種類と選び方|禁煙するならどのタイプの電子タバコがいい?

電子タバコと一言で言ってもいろんな種類の物があります。

有名な所だとアイコスとかプルームテック、グローなどを思い浮かべる人もいると思いますが、それらは電子タバコの中でもほんの一部です。

そこで今回は電子タバコにはどんな種類があるのかをタイプ別に紹介したいと思います。

ここでのお話を理解して頂ければ、あなたが欲しい電子タバコも見つかるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

電子タバコは大きく分けて4種類ある!

電子タバコと呼ばれる物の種類は以下の4つです。

  • 加熱式電子タバコ
  • リキッド式電子タバコ
  • カートリッジ式電子タバコ
  • 使い捨て電子タバコ
これだけ見てもよくわからないと思うので、1つずつ簡単に説明していきます。

加熱式電子タバコの特徴

加熱式電子タバコの特徴加熱式で有名な商品はアイコスやグローなどが上げられます。

1番の特徴はニコチンとタールがしっかり含まれているという点です。

普通のたばこは火をつけて吸いますが、それを機械で加熱して吸うことで、余計な副流煙を抑えることができます。

ただしニコチンやタールは含んでいるので、身体に害がある点は普通のたばこと同じですし、加熱式電子タバコに切り替えても禁煙したことにはならないので注意してください。

加熱式電子タバコの形やサイズ

加熱式電子タバコのサイズまず形に関してですが、アイコスのように棒状のカートリッジに専用のたばこを差し込んで使うタイプと、グローのように本体に直接専用のたばこを差して使うタイプがあります。

サイズ感に関しては、バッテリーと一緒に持ち運ぶことを前提にしているので、結構大きいですし、何より重たいです。

正直、胸ポケットに入れて持ち運ぶのは不可能だと思ってください。

加熱式電子タバコの長所・短所

<加熱式電子タバコの長所>
  • 火を使わない
  • 普通のたばこ並の吸いごたえがある
  • 副流煙を軽減できる
  • においや黄ばみを軽減できる
<加熱式電子タバコの短所>
  • ニコチン・タールが有害
  • 吸い終わった後が焦げ臭い
  • 本体が重たい
  • たばこ増税で値上がりする
  • 故障しやすい

加熱式電子タバコまとめ

2年ほど前に登場したアイコスをキッカケに普通のたばこから加熱式電子タバコに乗り換えている人も増えています。

私もアイコスが発売された当初に乗り換えましたが、ライター(火)を使わなくなったのはかなり大きいです。

これは電子タバコに切り替えた人にしかわからないと思いますが、普通のたばこの怖さをつくづく感じました。

また、部屋の壁紙や歯が黄ばまなくなったのもかなり大きなメリットです。

逆に故障しやすい所や吸いたい時に充電できていなくて吸えない時があることは結構なマイナスでした。

とは言え、身体への害を多少でも軽減できる点などを含めて、加熱式電子タバコに乗り換えるメリットは十分にあると思います。

リキッド式電子タバコの特徴

エミリミニプラス写真リキッド式電子タバコは本体にリキッド(液体フレーバー)を入れて使う電子タバコです。

1番の特徴はニコチン・タールが含まれておらず、フレーバーの種類が多い点です。

フルーツ系をはじめエナジードリンク味やスイーツ系のフレーバーまであるので、普段たばこを吸わない人でも楽しめます。

もちろん普通のたばこから乗り換えることができれば禁煙成功となります。

健康面からも海外で爆発的に人気が出ているタイプの電子タバコです。

リキッド式電子タバコの形やサイズ

まず形に関してですが、リキッド式電子タバコの形は2種類です。筒状タイプと握って使うタイプがあります。

筒状タイプは普通のたばこサイズの物から葉巻ぐらいの大きさの物まであります。

握って使うタイプは手のひらに収まるぐらいの大きさの物が一般的です。

リキッド式電子タバコの長所・短所

リキッド式電子タバコの長所
  • ニコチン0・タール0で禁煙できる
  • 癌や肺炎のリスクがない
  • フレーバーの種類が豊富
  • ガツンとした吸いごたえ
リキッド式電子タバコの短所
  • メンテナンスが手間
  • 出先でリキッドが切れるとめんどう
  • 本体が太くて喫煙所で目立つ

リキッド式電子タバコまとめ

リキッド式電子タバコは日本より喫煙に厳しい海外で人気がある電子タバコです。

最大の特徴はニコチン・タールが含まれていないのにしっかりした吸いごたえがある点です。

もちろん普通のたばこから乗り換えることができれば禁煙に成功したことになるので、健康面で考えるとかなり大きなメリットです。

短所としてメンテナンスの手間や出先でのリキッド切れを指摘しましたが、どちらも家を出る前に準備しておけば解決できる問題なので、正直あまり気になりません。

リキッド式電子タバコのおすすめはこれ!

カートリッジ式電子タバコの特徴

C-tec写真カートリッジ式電子タバコは、フレーバー付きのカートリッジを付け替えて使う電子タバコです。

1番の特徴はニコチン・タールが含まれておらず、手軽な点です。

本体に電源ボタンなどは付いていないので、カートリッジを取り付けたら吸うだけで起動します。

またリキッドタイプほどの種類はないものの、普通のたばこよりは多くの種類のフレーバーがあるので、いろんな味を楽しめるのもいい点です。

もちろん普通のたばこから乗り換えることができれば禁煙成功となります。

カートリッジ式電子タバコの形やサイズ

まず形に関してですが、普通のたばことほぼ同じ細さの筒状になっています。

サイズ感に関してはたばこより少し長く、イメージ的にはボールペンぐらいのサイズ感を想像して頂ければと思います。

カートリッジ式電子タバコの長所・短所

カートリッジ式電子タバコの長所
  • とにかく手軽で外でも使いやすい
  • ガツンとした吸い心地で満足度も高め
  • メンテナンスがほぼ必要ない
  • 見た目がスマートで喫煙所でも目立たない
  • ニコチン0、タール0で禁煙できる
  • 癌や肺炎のリスクがない
カートリッジ式電子タバコの短所
  • カートリッジが通販でしか売っていない
  • カートリッジの寿命が短め
  • 吸引できる回数は吸い方によって変わる

カートリッジ式電子タバコまとめ

スマートな見かけからは想像できない程、吸い心地に満足感があります。

上で紹介したリキッド式の本格的な物と比較すると多少負けますが、それでも正直十分な吸いごたえです。

何よりもメンテナンス不要で手軽に使えるので、普段使っていてストレスに感じることがありません。

また、見た目もスマートで軽いので、喫煙所で使っていても変に目立つことがないのもいい所です。

ちなみに私は、アイコスからカートリッジ式電子タバコに切り替えて禁煙に成功しました。

特に普段からメンソール系のたばこを吸っている人なら、無理なく切り替えられるので、健康面や経済面で禁煙をしたいと考えている方におすすめです。

カートリッジ式電子タバコのおすすめはこれ!

使い捨て電子タバコの特徴

ビタフル写真使い捨て電子タバコは、特に取り替える部品などもないシンプルな作りの電子タバコです。

1番の特徴はニコチン・タールが含まれておらず、使い捨てな点です。

途中でフレーバーを変えたりすることはできませんが、使い捨てなので低価格で買えます。

こちらも普通のたばこから乗り換えることができれば、禁煙成功となります。

使い捨て電子タバコの形やサイズ

まず形ですが、普通のたばこをほんの少し太くしたような形です。

サイズとしても普通のたばこより少し長い程度なので、ほぼ普通のたばこと変わりません。

使い捨て電子タバコの長所・短所

使い捨て電子タバコの長所
  • メンテナンスが不要
  • 充電も不要
  • フルーツ系の味が豊富
  • カラフルなデザインが多い
  • ニコチン0、タール0で禁煙できる
使い捨て電子タバコの短所
  • 吸いごたえが薄い
  • 味が薄い
  • 耐久性が低い
  • フレーバーの切り替えができない
  • 吸い方によってはすぐに終わってしまう

使い捨て電子タバコまとめ

使い捨て電子タバコの1番のメリットは手軽さです。

今までに電子タバコを使ったことがない人にとっては手に取りやすいと思います。

ただ、20種類以上の電子タバコを試してきた私としては、正直いらないかなと・・・。

作りとしても簡易的ですし、何より吸いごたえが薄いので、手軽さだけで使い捨て電子タバコから入ってしまうと普通のたばこに戻ってしまうと思います。

電子タバコの選び方まとめ

使いたい時に使える電子タバコここまで電子タバコの種類や選び方について書いてきましたが、結論としては「リキッド式電子タバコ」もしくは「カートリッジ式電子タバコ」に切り替えるのがおすすめです。

理由としてはニコチンやタールを含んでいないので、切り替えることができれば禁煙成功になりますし、吸いごたえ的にも十分満足できるからです。

私は外出時の手軽さも考えて「カートリッジ式電子タバコ」に切り替えて禁煙に成功することができました。

私が愛用している電子タバコはこちら

デザインや味の好みは人それぞれなので、合う合わないは最終的に試してみるしかありませんが、とにかく一回使ってみるといいと思います。

もし合わなければやめればいいですし、合えばそのまま禁煙できるはずなので、メリットの方が大きいです。

ぜひ、健康面でも金銭的にもお得な電子タバコの導入を検討してみてください!

シェアして頂けると嬉しいです!